blight

「PADI中性浮力&水中映像コンテスト」全入賞作品を発表! 「PADI中性浮力&水中映像コンテスト」全入賞作品を発表!

【拡大】

その他の写真(1/4枚)

 スキューバダイビングの教育機関である株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役:中野龍男)は、7月1日~10月31日の期間で開催した「PADI中性浮力&水中映像コンテスト2021」の結果発表を11月28日(日)にウェビナーにて実施。同日よりPADIウェブサイトにて、全入賞作品の紹介をスタートしました。

 「あなたが映った中性浮力部門」と「あなたが撮った水中映像部門」の2つの部門で入賞作品が決定!

 PADIでは、ダイバーの皆さんがさらに快適に水中世界を楽しみ、その感動を多くの人に伝えられるよう、「PADI中性浮力&水中映像コンテスト2021」を実施。「あなたが映った中性浮力部門」と「あなたが撮った水中映像部門」の2つの部門で、Instagramで作品を募集しました。

 数多く投稿された作品の中から、「中性浮力部門」は水中モデル・水中レポーター・PADIアンダサバイバーの稲生薫子氏が、「水中映像部門」は水中写真家の清水淳氏が審査員長として、それぞれの部門で大賞と入賞の作品を選出しました。

 「中性浮力部門/美しく浮遊賞」で大賞に輝いたのは、ngs_611 さん。

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000250331&id=bodyimage1】

 「中性浮力部門/楽しく浮遊賞」で大賞に輝いたのは、anela_1133 さん。

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000250331&id=bodyimage2】

 そのほか、各5作品が入賞として選ばれました。

 「まるで人魚?」という美しく浮遊している姿のダイバー、あんな美しい姿のダイバーに私もなってみたい、と憧れるような作品が選ばれています。

 「水中映像部門/ネイチャー映像賞」で大賞に輝いたのは、ikkun1101 さん。

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000250331&id=bodyimage3】

 「水中映像部門/ダイバー映像賞」で大賞に輝いたのは、sametohoshi さん。

 【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000250331&id=bodyimage4】

 こちらも、そのほか各5作品が入賞として選ばれました。

 ダイビングの楽しさや海の美しさへの感動が瑞々しく伝わる映像が数多く選ばれました。

 それぞれの部門の大賞の受賞者には、PADIトラベルで使える5万円クーポン券、入賞の受賞者には今年よりスタートしたPADI Gearから、フェイスマスクとドライバッグのセットが贈られます。

 ▼全入賞作品は以下よりご覧ください。

 https://blog.padi.com/jp/photo-contest-results-announcement/

 上記ページでは、11月28日に実施したウェビナーのアーカイブ動画を見ることも可能です。入賞作品の紹介に加え、水中レポーター・水中モデル稲生薫子氏がこっそり教える「素敵に写るHowTo!」、フォトコン入賞の秘訣や撮影機材トレンドなどを水中写真家・清水淳氏、《フィッシュアイ》大村謙二氏、《AOIジャパン》久野義憲氏が語る「デジカメ上達クリニックLIVE」もご覧になることができます。

 PADIはこれからも、ダイバーの皆様が健康管理に配慮しながら、安全にエキサイティングなダイビングを楽しめるよう、様々な企画を実施していく予定です。

 【会社概要】

 社名:株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン

 代表:代表取締役 中野 龍男

 本社所在地:東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 40F

 URL:https://www.padi.co.jp/

 資本金:4,600万円

 事業内容:スクーバダイビングの普及、ダイバーの育成を目的とするスクーバダイビング教育機関

 【世界最大のスクーバダイビングの教育機関PADI(パディ)とは】

 PADIは本部をアメリカ・カリフォルニアに置き、日本をはじめ世界に7ヶ所のエリアオフィスを配し、メンバーへのCカード(Certification Card=認定証)発行、教材・商品の開発や店舗運営のビジネスサポートを行っています。世界186ヶ国で12万8千人以上のインストラクターを含むプロフェッショナルメンバーと6,600以上のダイブセンター/ダイブリゾートからなる世界規模な組織で、世界最大のスクーバダイビング教育機関です。

 1966年設立以来、2,800万枚以上のCカードを発行しており、全世界で年間約100万人のダイバーが、PADIの教育カリキュラムによる認定を受けています。つまりおよそ30秒ごとに世界中のどこかで誰かがPADIの認定を受け、その割合は世界中のダイバーの約60%以上にも及んでいます。

 【本件に関するお問い合わせ先】

 株式会社パディ・アジア・パシフィック・ジャパン

 担当:マーケティング部 岩本(いわもと)

 電話:03-6372-7234(代表) E-mail:planning@padi.co.jp

コーナーに掲載しているプレスリリースは、「ドリームニュース」から提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。産経ニュースが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。本コーナーに掲載しているプレスリリースに関するお問い合わせは、https://www.dreamnews.jp/?action_contact=trueまで直接ご連絡ください。

ホット記事

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

無料のメールマガジンに登録平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認iPhoneのSafariを含め各種ウェブブラウザーから、ウェブサイトをPDFとして保存できる。撮影:今村拓馬Webページは突...

続きを読む 続きを読む
ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

アーカイブ配信の利用方法を解説選手のプレーはもちろん、ユニークな解説などでも注目が集まる東京オリンピック。話題になったのに見逃してしまったり、録画していなかったりした場合でも、あとから好きなタイミング...

続きを読む 続きを読む
Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

富田篤さんが広げる手前のファイルには、保存状態の良い型紙をできるだけ空気に触れさせないよう入れている。デジタル化に備えて、劣化を防ぐためだ=東京都新宿区の富田染工芸で2021年12月10日午前、近藤浩之撮影 ...

続きを読む 続きを読む

関連記事