Blog

ニュース 「声優紅白歌合戦2022」に“レジェンド声優”ら集結、トリは井上和彦と島本須美の対決に

中田譲治からトロフィーを受け取る井上和彦

1月4日、東京・東京ガーデンシアターにて「声優紅白歌合戦2022」が開催。人気声優たちが新旧アニメソングなどでその歌声を披露した。【写真を見る】“17歳”井上喜久子は「ふしぎの海のナディア」主題歌を熱唱■声優たちが多彩なアニメソングを熱唱「声優紅白歌合戦」の発起人となる中田譲治は、「(この日が)来ちゃいましたね。最後まで大いに盛り上がってもらいたいと思います。『声優紅白2022』開催するでー!」とおどけた様子であいさつ。司会を務める森田成一は「昭和から平成生まれまでのレジェンド声優が集合しました。正月にふさわしいイベントを楽しんでもらいたいと思います」と語ると、同じく司会を務める大原さやかも「ついに始まってしまいました。満を持してという感じですね」とワクワクした様子を見せた。最初の対決は白組が林勇、紅組がMachico。まずは白組の林が自身も出演している「ハイキュー!!」の主題歌「イマジネーション」を披露すると、観客は白いペンライトを振りながら、早くも大盛り上がり。林は「トップバッターということでちょっと緊張しました。実は僕の母親が見に来ているんです。僕自身の声優としてのターニングポイントとなった作品なので、この曲を選びました」と感激の表情。続く紅組のトップバッターとなるMachicoは、「この素晴らしい世界に祝福を!2」のオープニングテーマ「TOMORROW」を披露。今度は赤のペンライトが会場を包み込んだ。Machicoは「初めてお仕事で年を越すことができて、充実した年末年始でした。この『声優紅白』にも参加させていただき、素晴らしい歌い初めとなって幸せです。実は1月の新番組『幻想三國誌 天元霊心記』でもオープニング曲を歌わせていただくんです」とちゃっかりと番宣を加え、会場を沸かせた。■保住有哉VS井上喜久子など注目対決が続く続く2番手の対決は、白組が保住有哉、紅組は井上喜久子。まず保住が「ACTORS」より「ジャンキーナイトタウン・オーケストラ」を披露。「この曲はデュエットソングでテンポも速い楽曲。1人でどうやって歌おうかなと思っていたのですが、今日は気合で頑張りました」と明かした。一方の井上は「ふしぎの海のナディア」主題歌の「ブルーウォーター」を熱唱。「井上喜久子17歳です」「オイオイ!」という安定の持ちネタも披露した井上は、楽曲について「思い出深い作品で、忘れられないなという気持ちを込めて歌いました」と語り、井上が保住のことを「ほずみん」というニックネームで呼んでいることを披露するなど、仲の良さを見せた。3番手、4番手は2組同時に実施という形で、白組の山本和臣、紅組の笠原弘子が対決。まず「機動戦士ガンダムAGE」から「AURORA」を披露した山本が当時を振り返り、「主演そのものが初めてだったので、今日と同じく緊張バラまきつつも、先輩たちに温かく見守られていたなぁ」と語ると、「ロミオの青い空」のオープニング曲「空へ…」を披露した笠原は、曲中のナレーションを笠原愛が担当したことに触れ「愛さんの声がとても印象的で癒やされました」と感激の表情。4番手は白組の小笠原仁、そして紅組の田中理恵が登場。まず「銀魂」のエンディングテーマ「サムライハート」を披露した小笠原が「ファーストシングルにSPYAIRさんが楽曲提供してくださっていて、最大限のリスペクトを持って歌わせていただきました」と語ると、「機動戦士ガンダムSEED」より「静かな夜に」を披露した田中が着物で登場。「実は当時、この作品に関してはキャラクターの声ではなく歌でオーディションをしたんです。今回リトラック盤を初披露させていただくので、オリジナルと聞き比べていただけたら」と語り、会場を盛り上げた。ここで前半戦は終了。“中田譲治のBarジョージ”と題したスペシャルコーナーなどが展開された。このコーナーにはゲストバーテンダーとして小野友樹が登場し、劇団グワィニャオンから誕生したSPユニット「愛染終と東京ニューセレクト」(遠藤純一、山口勝平、魚建、尾形雅宏、西村太佑)がムード歌謡「血風リトルトーキョー」を。続いて井上喜久子がゲストバーテンダーとして登場し、島本須美、笠原弘子が「魔女の宅急便」エンディングテーマ「やさしさに包まれたなら」を初デュエットで歌いあげた。締めくくりは山本和臣がゲストバーテンダー、山口勝平と関智一が「機動武闘伝Gガンダム」の主題歌「Trust You Forever」を披露。会場を一体感に包み込んだ。■名曲続々、後半戦も白熱!そして後半戦がスタート。5番手は紅組がゆかな、白組の伊藤昌弘が対決。まず「ふたりはプリキュア」より「DANZEN!ふたりはプリキュア」を披露したゆかなが「初代プリキュアを担当させていただいて、その後もずっと関わっているので、プリキュアは私の一部です」と語ると、「from ARGONAVIS」を披露した伊藤が「(声優という仕事について)感情を乗せるというのがこんなにも大変で、こんなにもやりがいがあるのかと、日々充実しております」と語ると、会場は大盛り上がりに。6番手は紅組から折笠愛、白組から関智一が登場。まず「天地無用!魎皇鬼」のエンディングテーマ「月のTRAGEDY」を披露した折笠が「30年前の作品なので、どのくらいの方が知っているのかなと思いながら歌いました。これを機にOVAを改めて見ていただければ」と語ると、「史上最強の弟子ケンイチ 闇の襲撃」のオープニングテーマ「Higher Ground」を披露した関が「キャラソンだと思っていたら、いつの間にか主題歌になっていたんです。ただかっこいいから歌いました」と当時を振り返りながら語った。続く7番手は白組が小野友樹、そして紅組は田所あずさが登場。まず「ACTORS」より「吉原ラメント」を披露した小野が「ボカロ曲をカバーするにあたり、歌自体はロック調なのですが、セリフが速くて大変でした」と苦労を語る。一方、「リアデイルの大地にて」のエンディングテーマ「箱庭の幸福」を披露した田所。「この曲はこの会場で初披露となり光栄でした。まもなく放送がスタートするので、ぜひ作品もチェックしてみてください」と語ると、会場からは大きな拍手が。■トリは白組・井上和彦、紅組・島本須美8番手は紅組の日高のり子、白組の山口勝平が対決。まず「るろうに剣心」より「Journey」を披露した日高が「(瀬田宗次郎を)演じているときは苦しかったんです。感情が全て欠落しているというキャラでしたので。今日はちょっとかんじゃいました」と照れながら語ると、「キャッ党忍伝てやんでえ」のオープニングソング「おっとどっこい日本晴れ」を披露した山口が「このアニメ本当に大好きで、いまだに一番好きかもと思える作品なんです」と熱く語った。白熱した対決もいよいよクライマックス。白組のトリは井上和彦、紅組のトリは島本須美がそれぞれ務めた。まずは「とんでも戦士ムテキング」から「ローラーヒーロー・ムテキング」を披露した井上が「白組のトリの曲がこの曲で良かったのかと思ったのですが(笑)、思い入れがすごくある歌なので歌えてよかったです」と語ると、「らき☆すた」より「幸せ願う彼方から」を披露した島本が「今日は力入っちゃって。『らき☆すた』の監督さんが先日の事件でお亡くなりになってしまったので、どうしても歌いないなと思って選曲させていただきました」と語ると、会場は温かい拍手で包まれた。全員の歌唱が終わり、この日のイベントもいよいよフィナーレ。出演した全声優が再び舞台に登場、Twitterアンケート投票の結果、今回は白組が優勝した。中田からトロフィーを受け取った井上は「どうだー」とおちゃらけながらも喜びを隠せない様子。中田は「ここ最近は僕らも個別で録ることが多くなって、こんなに多くの仲間たちと集まれてうれしい。(『声優紅白』は)僕が発起人と言われてますが、Twitterでつぶやいただけなので、本当の発起人は皆さんです。これから皆さんと安全に元気にやっていければ、次回はもっといい形でできると思います。次回またお会いしましょう」と謝辞を述べた。「声優紅白歌合戦2022」は、1月16日(日)までアーカイブ配信も行われる予定。

【関連記事】

ニュース 「声優紅白歌合戦2022」に“レジェンド声優”ら集結、トリは井上和彦と島本須美の対決に

ホット記事

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

無料のメールマガジンに登録平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認iPhoneのSafariを含め各種ウェブブラウザーから、ウェブサイトをPDFとして保存できる。撮影:今村拓馬Webページは突...

続きを読む 続きを読む
Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

富田篤さんが広げる手前のファイルには、保存状態の良い型紙をできるだけ空気に触れさせないよう入れている。デジタル化に備えて、劣化を防ぐためだ=東京都新宿区の富田染工芸で2021年12月10日午前、近藤浩之撮影 ...

続きを読む 続きを読む
ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

アーカイブ配信の利用方法を解説選手のプレーはもちろん、ユニークな解説などでも注目が集まる東京オリンピック。話題になったのに見逃してしまったり、録画していなかったりした場合でも、あとから好きなタイミング...

続きを読む 続きを読む

関連記事