Blog

Chromeで好きなサイトの過去の姿を閲覧できる ウェブタイムマシンで遊ぼう!!

home > ガジェット > Chromeで好きなサイトの過去の姿を閲覧できる ウェブタイムマシンで遊ぼう!!ウェブで遊ブーン⊂二(^ω^)⊃

2013年12月16日 12時00分更新

文● 小竹佑児 編集●ガチ鈴木

『ウェブタイムマシン(右クリックから過去のページを閲覧)』はChromeで表示しているページが過去にどのような姿だったかを簡単に閲覧できる拡張機能。右クリックメニューで【過去ページ閲覧】を選択すると、過去のサイトを閲覧できるウェブサービス“Wayback Machine”のインターネット・アーカイブにアクセスし、指定したページの過去の姿を確認できる。

■インストール  グーグルのウェブサイト“Chrome ウェブストア”(関連サイト)にアクセス。『ウェブタイムマシン』を検索して、ダウンロードサイト(関連サイト)へ。

 右上に表示された【+ 無料】を押し、【追加】をクリックすると数秒でインストールが終了する。

■操作は右クリックメニューを選択するだけ  インストールが完了したら、さっそく試してみよう。まずは、週アスPLUSが過去にどのような姿だったかを見てみる。サイトを表示したら右クリックメニューを表示し、【過去ページ閲覧】をクリック。

 自動的に“Wayback Machine”にアクセスする。サイトの上部で年を選択できるので、任意の年をクリックしよう。ここでは【2008】をクリックした。

 次に、下に表示されたカレンダーから日付を指定する。今回は、最も古いと思われる2008年の【7月15日】を選択してみた。すると……。

 Chromeで好きなサイトの過去の姿を閲覧できる ウェブタイムマシンで遊ぼう!!

 その当時のページが表示される。5年前の週アスPLUSってこんな感じだったのかーと懐かしい気分に浸れます。画面上部のボタンをクリックすると、別日に移動可能。

■いろんなサイトで使うと楽しい  大手検索サイトやポータルサイトが過去どんなデザインだったのかも確認できる。ここではYahoo!で試してみよう。Yahoo! JAPANにアクセスして、上で紹介した手順でWayback Machineを表示しよう。

 年は今からちょうど10年前の【2003年】、日付は【12月11日】にしてみた。当時の姿は以下のとおり。“隔世の感”とはまさにこのこと。

 同様の手順で、2003年12月にGoogle、Amazonがどのようなページレイアウトだったかも確認してみた。

 ウェブタイムマシンは、簡単な操作で気軽にウェブページの歴史を振り返れるのが魅力。暮れも押し迫っているが、長年利用しているサイトの過去ページを閲覧して懐かしい気分に浸ってみては?

●関連サイト ウェブタイムマシン(右クリックから過去のページを閲覧) バージョン:1.0.2 利用無料 作者:cloversearch

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう

カテゴリートップへ
この特集の記事
この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ホット記事

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

無料のメールマガジンに登録平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認iPhoneのSafariを含め各種ウェブブラウザーから、ウェブサイトをPDFとして保存できる。撮影:今村拓馬Webページは突...

続きを読む 続きを読む
Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

富田篤さんが広げる手前のファイルには、保存状態の良い型紙をできるだけ空気に触れさせないよう入れている。デジタル化に備えて、劣化を防ぐためだ=東京都新宿区の富田染工芸で2021年12月10日午前、近藤浩之撮影 ...

続きを読む 続きを読む
ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

アーカイブ配信の利用方法を解説選手のプレーはもちろん、ユニークな解説などでも注目が集まる東京オリンピック。話題になったのに見逃してしまったり、録画していなかったりした場合でも、あとから好きなタイミング...

続きを読む 続きを読む

関連記事