Blog

ビジネスサーバとして強化が続くLiveCycleとColdFusion--Adobe MAX 2009基調講演レポート(後編)

 Adobe Flash Platformは、ゲームやアニメーション、映像配信といったエンターテインメント分野のイメージが強いが、Adobe Systems(Adobe)では同プラットフォームによるRIA(Rich Internet Application)のエンタープライズ分野での利用を推進すべく、「LiveCycleファミリー」および「ColdFusion」製品の機能強化、Flash技術との親和性向上を進めている。

フロントエンドのFlashテクノロジーとの親和性が高められる「ColdFusion」と「LiveCycle」。

 古くからの開発者やユーザーはご存じだろうが、ColdFusionは旧Macromedia製品であり、HTML内に記述されたCFMLという独自のスクリプト言語を解釈して、サーバサイドでさまざまなビジネスロジックを実行できるウェブアプリケーションサーバ。一方のLiveCycleは電子ドキュメントフォーマットであるAdobe PDFをコントロールしたり自動生成するために用いられていた一連のサーバ製品群をスイートとして統合したブランド名である。

 ColdFusionはブラウザをクライアントとしたウェブアプリケーション構築エンジンとして、いまだ多くのファンを持つ製品。一方のLiveCycleはAdobe PDF(Adobe Reader)をクライアントとし、フォームやワークフローなど、ドキュメントの取り扱いを中心としたビジネスアプリ構築サーバとして、それぞれに独自の進化を遂げてきた。バックエンドのデータベースや業務システムなどと接続するデータサービスの強化なども続けられている。

 AdobeによるMacromediaの買収以降、これらの製品はひとつのフレームワークの中で相互補完的な役割を果たすよう位置づけが調整されてきた。フロントエンドはFlash技術をメインとしたリッチクライアントへと集約。サーバ製品群はそれぞれに得意とする分野を担う中間層として据えられ、必要とするビジネスプロセスの内容に応じて使い分けられる方向へと進みつつある。

ColdFusionとLiveCycleは、それぞれの得意とする分野を担う中間層のアプリケーションサーバとして位置づけられている。

ビジネスサーバとして強化が続くLiveCycleとColdFusion--Adobe MAX 2009基調講演レポート(後編)

 Adobe MAX 2009では、ColdFusionとLiveCycleについて、それぞれの最新版である「ColdFusion 9」のリリースと、「LiveCycle ES2」のプレリリース版の提供が発表された。

 AdobeのBusiness Productivity Business Unit(BPBU)でシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるRob Tarkoff氏は、それぞれの製品に含まれる新たなフィーチャーについて順に説明を行った。

ホット記事

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

無料のメールマガジンに登録平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認iPhoneのSafariを含め各種ウェブブラウザーから、ウェブサイトをPDFとして保存できる。撮影:今村拓馬Webページは突...

続きを読む 続きを読む
Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

富田篤さんが広げる手前のファイルには、保存状態の良い型紙をできるだけ空気に触れさせないよう入れている。デジタル化に備えて、劣化を防ぐためだ=東京都新宿区の富田染工芸で2021年12月10日午前、近藤浩之撮影 ...

続きを読む 続きを読む
ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

アーカイブ配信の利用方法を解説選手のプレーはもちろん、ユニークな解説などでも注目が集まる東京オリンピック。話題になったのに見逃してしまったり、録画していなかったりした場合でも、あとから好きなタイミング...

続きを読む 続きを読む

関連記事