Blog

メールアーカイブシステム『MailBase』、市場占有率29%、13年連続で国内製品シェアNo.1を達成

コロナ禍で導入が加速したITビジネスツールのコンプライアンス強化ニーズが増加

サイバーソリューションズ株式会社サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:秋田健太郎、以下当社)は、市場調査会社である株式会社富士キメラ総研が2021年9月29日に発刊した『2021 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧(市場編)』の調査報告において、当社が提供するメールアーカイブツール『MailBase』(メールベース)が市場占有率29%(2020年度実績)を記録し13年連続でメールアーカイブソフトウェアとして国内製品における第1位の実績、富士キメラ総研『2021 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧』(2008~2020年度実績)を達成したことを発表します。https://www.cybersolutions.co.jp/product/mailbase/『MailBase』はMicrosoft 365、Google Workspaceをはじめ、様々なメールシステム環境に柔軟に対応した電子メール監査・メールアーカイブシステムです。大容量のメール環境にも対応しており、全ての送受信メールと添付ファイルを長期的に保存し、高速検索を可能にします。 WEBインターフェイスを備えているので、管理者は高度な操作スキルを必要とせず、インターネット検索をする感覚で電子メールの適切な利用状況を監査することができます。アクセス権限や検索対象の範囲を細かく設定でき、上長が自分の部下や退職者のメールを検索し、過去の対応状況を把握することも可能です。また、個人での利用においては、削除してしまった過去メールを『MailBase』で検索し、自分のメールボックスに復元、再活用することもできます。さらに、オンプレミス版、クラウド版両方とも『Microsoft Teams(マイクロソフト チームス)』 と連携し、チャットの内容もアーカイブし、高速検索することが可能です。内部統制やコンプライアンス対策のほか、企業内の個人メールの再活用にも効果的であることなどにより、導入団体から高く評価されています。JFEシステムズ株式会社、株式会社ルネサンス、株式会社オンワード樫山、松戸市、所沢市、宝塚市、高松市、日本ペイント株式会社をはじめ、金融機関、官公庁、ISP/XSPなどのサービス事業者様をはじめ国内550社以上(※)の企業・自治体に導入されています。*利用実績数:2021年9月現在『2021ネットワークセキュリティビジネス調査総覧』(富士キメラ総研)によると 2021年度の電子メールアーカイブツール市場の成長率は前年度比103.3%の成長が見込まれています。訴訟リスクやe-ディスカバリーの対策に向けた情報ガバナンス強化への取り組みは、企業の規模を問わずコンプライアンス遵守が求められていることにより導入ニーズが高まっています。また、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響で急速にテレワークが浸透すると同時に、ビジネスチャット利用は加速し、コンプライアンス強化のためにメールに加えてチャット内容をアーカイブする必要性も高まりました。メールソリューションを提供するベンダーは海外企業が多いなか、当社は数少ない国内のメールソリューション専門ベンダーとして、日本のビジネスシーンに最適なシステムときめ細やかなサポートを提供し、組織の安心・安全な情報管理を支援しています。当社は今後もより多くのユーザーに支持されるように製品の機能強化に努め、民間企業及び自治体向けの案件獲得により実績の拡大、そして、さらに市場シェアを高めていくことを目指しています。【サイバーソリューションズ株式会社について】サイバーソリューションズ株式会社は、法人企業向けにクラウドメール・メールセキュリティサービスなど、メール環境のトータルソリューションを提供しています。クラウドメールサービス『CYBERMAIL Σ』、標的型攻撃・情報漏えい対策のメールセキュリティサービス『MAILGATES Σ』、Microsoft 365・Google Workspaceのメールセキュリティ強化サービス『Cloud Mail SECURITYSUITE』、各メールサービスやMicrosoft Teamsに連携可能な容量無制限アーカイブサービス『MAILBASE Σ』など、日本の企業では珍しい独自のメールシステムの技術を活用したサービスの提供を行っています。また、オンプレミス製品も展開しており、高性能Webメール機能搭載の統合型セキュア・メールサーバシステム『CyberMail』を含む当社製品・サービスは、国内で約 20,000 社以上の企業・自治体でご利用いただいております。・会社名: サイバーソリューションズ株式会社・設立日: 2000年1月・代表者: 秋田 健太郎 (アキタ ケンタロウ)・事業内容:ソフトウェアの企画/開発/販売/保守サポート、クラウド/ASP事業、Webソリューションのコンサルティング及び開発・HP : https://www.cybersolutions.co.jp/・所在地: 〒108-0073 東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル8階・連絡先: Tel:03-6809-5858/ Fax:03-6809-5860◇製品やサービス関するお問合わせサイバーソリューションズ株式会社営業部電話:03-6809-5858 メール:sales@cybersolutions.co.jp※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サイバーソリューションズ株式会社 >
  3. メールアーカイブシステム『MailBase』、市場占有率29%、13年連続で国内製品シェアNo.1を達成
種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
アプリケーション・セキュリティネットサービス
キーワード

メールアーカイブシステム『MailBase』、市場占有率29%、13年連続で国内製品シェアNo.1を達成

ホット記事

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

無料のメールマガジンに登録平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認iPhoneのSafariを含め各種ウェブブラウザーから、ウェブサイトをPDFとして保存できる。撮影:今村拓馬Webページは突...

続きを読む 続きを読む
Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

富田篤さんが広げる手前のファイルには、保存状態の良い型紙をできるだけ空気に触れさせないよう入れている。デジタル化に備えて、劣化を防ぐためだ=東京都新宿区の富田染工芸で2021年12月10日午前、近藤浩之撮影 ...

続きを読む 続きを読む
ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

アーカイブ配信の利用方法を解説選手のプレーはもちろん、ユニークな解説などでも注目が集まる東京オリンピック。話題になったのに見逃してしまったり、録画していなかったりした場合でも、あとから好きなタイミング...

続きを読む 続きを読む

関連記事