Blog

ニュース 「マセラティクラシケ」が正式にスタート|初の認定はミストラル3700に!

Maserati

昨年、マセラティブランド新時代の幕開けを告げる「MMXX:Time to be Audacious」イベントで発表された「マセラティクラシケ」が正式に始動した。マセラティクラシケとは、マセラティのヘリテージとオリジナリティを保存・保護し、振興を図るための部署である。顧客やコレクターへの特別なサービスとして、いよいよ真正性の証明も提供されるようになったのだ。【画像】マセラティのクラシックカー向け認証プログラムがついに始動このプログラムによって認定された最初のロードカーは、1969年3月に製造されたマセラティミストラル3700だ。シルバー・オーテュイユのカラーリングが施されたこのミストラルは、車両の300カ所以上の徹底的な検証や歴史的アーカイブが保管するすべての文書と照合され、オリジナリティの証明書が発行されたのである。認証プログラムは、20年以上に製造されたマセラティの車両に加え、MC12やクアトロポルテの限定車などを含むスペシャル・シリーズの車両が対象で、そのプロセスは専門家が組織する委員会によって保証される。このプログラムには、社内での軽微なリペアや定期的なメンテナンスサービス、および必要に応じてのカーディテーリングサービスも含まれている。また、このプログラムではコレクターや顧客とともに、細部にわたりオリジナルに忠実なレストアをおこなったり、車両の保存をサポートするサービスも提供する。クラシケ、ヤングタイマー、スペシャリティカーそれぞれに専用のサービスプランが用意され、メンテナンスやレストアのさまざまな段階においてフォローアップをしてくれるというから、オーナーにとっては大変心強いことだろう。クラシケプログラムの次なるステップとして、マセラティ社による一連の主要なサポートサービスに加え、「クラシケ」スペアパーツの管理を含めたレストアのサポートなどがおこなわれる予定だ。そう、マセラティクラシケの主たる課題には、入手困難になったスペアパーツの製造も含まれるのだ。そのプロセスには、オリジナルの設計に基づき、コンポーネンツの美的外観を変更することなく、信頼性と機能性を向上する最高のテクノロジーが用いられるという。マセラティクラシケの認定に関するリクエストは、公式ウェブサイトから予約することができる。プログラムの詳細についても紹介されているので、マセラティオーナーはぜひ公式サイトをチェックしてみていただきたい。

Octane Japan 編集部

【関連記事】

ニュース 「マセラティクラシケ」が正式にスタート|初の認定はミストラル3700に!

ホット記事

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

無料のメールマガジンに登録平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認iPhoneのSafariを含め各種ウェブブラウザーから、ウェブサイトをPDFとして保存できる。撮影:今村拓馬Webページは突...

続きを読む 続きを読む
Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

富田篤さんが広げる手前のファイルには、保存状態の良い型紙をできるだけ空気に触れさせないよう入れている。デジタル化に備えて、劣化を防ぐためだ=東京都新宿区の富田染工芸で2021年12月10日午前、近藤浩之撮影 ...

続きを読む 続きを読む
ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

アーカイブ配信の利用方法を解説選手のプレーはもちろん、ユニークな解説などでも注目が集まる東京オリンピック。話題になったのに見逃してしまったり、録画していなかったりした場合でも、あとから好きなタイミング...

続きを読む 続きを読む

関連記事