Blog

クオリティアの「Active! zone」が VOTIROとの連携を開始

報道各位2021年4月22日プレスリリース================================================= メール無害化「Active! zone」が    添付ファイル無害化「VOTIRO Disarmer」との連携を開始   ~ 危険因子となり得るすべての対象ファイルを無害化し高度サニタイズを実現 ~ ================================================= 株式会社クオリティア(本社:東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下「クオリティア」)は、メール無害化「Active! zone」と、ネットワークセキュリティ提供を主業務とする株式会社アズジェント(所在地:東京都中央区 代表取締役社長:杉本 隆洋、以下「アズジェント」)の販売するファイル無害化ソリューション「VOTIRO Disarmer(ボティーロ ディスアーマー 開発元:Votiro,Inc. )」との連携を2021年4月22日から開始したことを発表いたします。

 外部から悪意を持ってネットワークに侵入する方法として使われる標的型メール攻撃への対処として有効な「Active! zone」は、添付ファイルの無害化、HTMLメールのテキスト変換、URL文字の無害化機能に加え、スパム対策、ウイルスメール対策などさまざまな無害化処理を実装しています。一方、アズジェントの販売する「VOTIRO Disarmer」は、ファイルがマルウェアを含んでいるかもしれないという「可能性」を重要視し、外部から入ってくるあらゆるファイルを無害化するソリューションです。この度の連携により、「Active! zone」でのMicrosoft Office系(Word、Excel、PowerPoint)やPDF等で実行するマクロの除去に加えて、「VOTIRO Disarmer」のPositive Selectionテクノロジー(CDR(Content Disarm and Reconstruction)技術をさらに進化させた最新技術)を用いて、悪意の有無にかかわらず、すべての対象ファイルを再帰的かつ高い原本性で無害化します。パスワードファイルにおいても「Active! zone」の添付ファイル分離画面で解凍後、ダウンロードする前にVOTIROでサニタイズすることができるようになります。また、シグネチャの存在しない未知の攻撃も防御すると同時に、パターン更新や誤検知からの解放も実現します。組織外から持ち込まれるファイルに潜むマルウェアをすべて無害化することにより、ネットワーク分離を必要とする金融系企業、そして自治体においては総務省に規定されている「ファイルを一旦分解した上で危険因子を除去した後、ファイルを再構築し、分解前と同様なファイル形式に復元する」ことが可能となり、巧妙な標的型メール攻撃による情報漏えいを防ぎます。「Active! zone」の「VOTIRO Disarmer」連携は、定価900,000円(税抜)にて提供。詳しくはお問い合わせください。

■「Active! zone」について「Active! zone」は、あらゆるメール環境のお客様により良い環境を提供するために国内開発された、標的型メール攻撃対策ソリューションです。2016年に総務省が推奨する自治体向け情報セキュリティ対策の一つである、添付ファイルの無害化転送を強力にサポートするソリューションとして開発された「Active! zone」は、翌2017年にエンタープライズのお客様に向けて機能を拡充。それぞれの無害化処理に対し、細かな条件にて無害化するメールの対象を切り分けることが可能で、さらに、1つのメール内の複数宛先に別々の無害化処理を施すこともできる柔軟性を備えています。既存の機能と「サンドボックスオプション」を組み合わせることでパスワード付きZipファイルの検知も可能です。未知の脅威に対する恐れをなくし、お客様のメール環境を守ります。無害化対策のあやふやさ、分かりにくいインターフェースなどを解消し、さらに、国内を拠点とする迅速なサポート体制を提供することで安心してご使用いただけるソリューションです。参考リンク : https://www.qualitia.co.jp/product/az/ ■「VOTIRO Disarmer」について「VOTIRO Disarmer」はファイルがマルウェアを含んでいるかもしれないという「可能性」を重要視し、外部から入ってくるあらゆるファイルを無害化するソリューションです。Office、一太郎、PDF、CADなど様々なファイル形式に対応しており、特に国内で多くの組織に幅広く導入されている純国産の日本語ワープロソフト「一太郎」においては、開発元である株式会社ジャストシステムの協力により、いち早く無害化に対応しました。これにより、地方自治体においては、46都道府県内の県もしくは県下の市区町村へ導入されており(2019年1月現在)、実質的なデファクトスタンダード製品となっています。 参考リンク : https://www.asgent.co.jp/products/apt/secure-data-sanitization.html

■アズジェントについて株式会社アズジェント(JASDAQ:4288)はセキュリティに特化した企業として、設立以来、様々な組織に対して、セキュリティ製品、サービスの提供、コンサルテーションを行っており、多数の実績、ノウハウを保持しています。取り扱い製品の一つである無害化ソリューション「VOTIRO Disarmer」は、46都道府県における750以上の自治体および、金融・医療機関、生損保会社、放送局等多くの一般企業にも導入実績※1があり、メール無害化/ファイル無害化市場において国内シェアNo.1の無害化ソリューション※2です。※1 2019年1月時点※2 出典:ITR「ITR Market View:エンドポイント/無害化/インターネット分離/CASB市場2020」(2018年度、売上金額ベース) 参考リンク : https://www.asgent.co.jp/

クオリティアの「Active! zone」が VOTIROとの連携を開始

■クオリティアについて株式会社クオリティアは、国内で開発・販売を行っているメッセージングソリューションカンパニーです。メールやメールセキュリティを中心とした事業展開を行なっており、主力製品であるWebメール「Active! mail」や大規模メールシステム「DEEPMail」などを通じて、企業、官公庁、国内主要大学でのコミュニケーション効率化やIT人材の育成に貢献しています。また、Microsoft 365やGoogle Workspace、LINE WORKSと連携するクラウド型メール誤送信防止サービス「Active! gate SS」、クラウド型メールアーカイブサービス「Active! vault SS」などを通し、セキュリティ環境に優れたメールシステムの構築を支援しています。近年では、標的型メール攻撃対策ソリューション「Active! zone」が400を超える地方自治体に採用され、現在ではサンドボックスを備えるなどより機能強化しエンタープライズにも導入が進んでいます。さらに2020年秋には、セキュリティを担保しながら業務の利便性を向上させる新しいビジネスツールとして、メール・Web会議・チャットをシームレスにつなぐ新しいコミュニケーションプラットフォーム「QUALITIA CLOUD」をリリースし、変化する働き方に対応したサービスを提供しています。 参考リンク:https://www.qualitia.co.jp/

■本リリースのお問い合わせ先株式会社クオリティア 営業本部マーケティング部 稲垣TEL: 03-5623-2532E-mail: press_pr@qualitia.co.jp

株式会社アズジェント広報担当 横田TEL:03-6853-7402E-mail:yokota@asgent.co.jp

共同リリースのため、重複して配信される場合がございます。

ホット記事

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

無料のメールマガジンに登録平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認iPhoneのSafariを含め各種ウェブブラウザーから、ウェブサイトをPDFとして保存できる。撮影:今村拓馬Webページは突...

続きを読む 続きを読む
Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

富田篤さんが広げる手前のファイルには、保存状態の良い型紙をできるだけ空気に触れさせないよう入れている。デジタル化に備えて、劣化を防ぐためだ=東京都新宿区の富田染工芸で2021年12月10日午前、近藤浩之撮影 ...

続きを読む 続きを読む
ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

アーカイブ配信の利用方法を解説選手のプレーはもちろん、ユニークな解説などでも注目が集まる東京オリンピック。話題になったのに見逃してしまったり、録画していなかったりした場合でも、あとから好きなタイミング...

続きを読む 続きを読む

関連記事