Blog

SCSK、企業間EDIデータを電子帳簿保存法準拠で保存する「スマクラ データアーカイブ」

IT Leaders トップ > 経営課題一覧 > 法制度対応/CSR > 新製品・サービス > SCSK、企業間EDIデータを電子帳簿保存法準拠で保存する「スマクラ データアーカイブ」法制度対応/CSR法制度対応/CSR記事一覧へ

[新製品・サービス]

2021年9月21日(火)IT Leaders編集部

SCSKは2021年9月17日、EDIデータ保存サービス「スマクラ データアーカイブ」を発表した。企業間のEDI(電子商取引)データを、電子帳簿保存法の要件に応じて保存するクラウドサービスである。同年11月1日から提供する。標準的な提供価格(税別)は、初期費用が200万円、月額30万円。販売目標は、サービス提供から1年で約200社。

 SCSKの「スマクラ データアーカイブ」は、企業間のEDI(電子商取引)データを、電子帳簿保存法の要件に応じて保存するクラウドサービスである。「スマクラ」などのEDIシステムからスマクラ データアーカイブにEDIデータを連携させることで、EDI取引の全データを改竄不可能な形で長期保存する(7~12年間)。データ定義書なども保存し、これらをインターネットを介していつでもダウンロードできるようにする(図1、関連記事:SCSK、クラウド型EDI「スマクラ」が電子帳簿保存法に対応、取引データを電子保存するオプションを提供)。

図1:スマクラ データアーカイブの概要(出典:SCSK)拡大画像表示

 マルチテナント型のクラウドサービスであるため、短期導入とコスト抑制につながる。企業が独自に導入する場合と比べて、5年間のトータルコストを20%程度削減できるとしている。また、公的認証(JIIMA認証)の取得を予定しており、法的要件の適合リスクを回避する。今後の法改正についても、サービス提供者側で対応する。

 同サービス提供の提供は、2022年1月1日の電子帳簿保存法改正を受けたものである。「現行特例として認められていた『電子取引データを紙出力し保存する』ことが禁止される。2022年1月1日以降は、電子取引データを電子保存する必要がある。しかし、現時点では多くの企業が対応できていない。短期間でシステムを導入する必要があるが、システム構築に至っていない」(SCSK)という。

関連キーワード

SCSK、企業間EDIデータを電子帳簿保存法準拠で保存する「スマクラ データアーカイブ」

SCSK / EDI / 電子帳簿保存法 / スマクラ

関連記事

おすすめのホワイトペーパー

more「製品/サービス資料ダウンロードサイト「Impress Business Library」へ」

Special

-PR-

ホット記事

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

無料のメールマガジンに登録平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認iPhoneのSafariを含め各種ウェブブラウザーから、ウェブサイトをPDFとして保存できる。撮影:今村拓馬Webページは突...

続きを読む 続きを読む
Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

富田篤さんが広げる手前のファイルには、保存状態の良い型紙をできるだけ空気に触れさせないよう入れている。デジタル化に備えて、劣化を防ぐためだ=東京都新宿区の富田染工芸で2021年12月10日午前、近藤浩之撮影 ...

続きを読む 続きを読む
ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

アーカイブ配信の利用方法を解説選手のプレーはもちろん、ユニークな解説などでも注目が集まる東京オリンピック。話題になったのに見逃してしまったり、録画していなかったりした場合でも、あとから好きなタイミング...

続きを読む 続きを読む

ナビゲーションリスト

関連記事