Blog

資生堂150周年記念イベント 資生堂銀座本店「SHISEIDO THE STORE」 「A BEAUTIFUL JOURNEY」を開催!

株式会社資生堂資生堂銀座本店「SHISEIDO THE STORE」は、資生堂創業150周年を記念して、この1年間を通じ皆様への感謝を込めたイベント「A BEAUTIFUL JOURNEY」を全館で開催いたします。1872年、東京・銀座の地に誕生して以来、本物を日常に取り込む生活美学「アール・ド・ヴィーヴル」をお届けしてきた資生堂。その歴史を紐解きながら、現在、そして未来へと美を探求するさまざまなコンテンツをご用意いたしました。「万物資生」すべてを生みだす大地の恵みに感謝し、新たな発見、究極の体験、贅沢なひとときをお届けいたします。時空を超えて美を巡る旅へ皆様をお連れいたします。店舗MOVIE:https://corp.shiseido.com/jp/r/yt/20220105/01/?rt_pr=trk15特設サイト:https://thestore.shiseido.co.jp/abeautifuljourney/?rt_pr=trk15《A BEAUTIFUL JOURNEY KEY VISUAL》SHISEIDO THE STOREに朝日があたり日が昇る様子を赤のグラデーションで、また150周年の記念として発売される限定品や年間を彩るコンテンツを表現しました。様々な色彩を織り成しながら、お客様と共に、SHISEIDO THE STOREで働くスタッフひとりひとりが資生堂創業の地での様々な体験から、未来へと向かう明るい意思を込めています。A BEAUTIFUL JOURNEY ―銀座から時空を超えて美を巡る旅の概要―《1階 DEPARTURE―美のはじまり―》出発は、「本物を日常へー東京銀座・資生堂が届けたアール・ド・ヴィーヴル」をテーマにしたヘリテージゾーンから。生活美学を具現化したライフスタイルシーンやアーカイブ、かつての銀座の風景などを、時空を巡るようにお楽しみいただけます。150周年の限定品展示や、スタンプラリーもこちらからスタートいたします《2階 PRODUCT EXPERIENCE―美の発見―》ビューティーイノベーションを実現するスキンケアからメイク、香水まで、資生堂が創り出す本物の美と出会う旅。見て、触れて、感じることから、お客様ご自身の新たな美しさを発見して頂けます。エイジングソリューションを目指す「エフェクティム(EFFECTIM)」や、テーラーメイドなカウンセリングで、一人ひとりの肌に寄り添い「一点物の極上肌」へと仕立てる「ザ・ギンザ」、唯一無二のクリエーター、セルジュ・ルタンスがつくりあげ、その世界観を追求した 5 つのフレグランスコレクションが揃う「セルジュ・ルタンス」のフラッグシップサロンなど、ここでしか出会えない美の体験を創出します。《3階 PERSONAL EXPERIENCE―美のひととき―》磨き抜かれた技で究極の美を創り上げるエステティックサロン「エスパス クレ・ド・ポー ボーテ」や、ファッションショーのバックステージでも活躍しているプロのヘアメイクアーティストが、お客様の魅力を最大限に引き出すスタイルをご提案し、プロのフォトグラファーによる撮影もできるヘアメイクアップ&フォトスタジオサロン「ビューティーブーストバー」など。心安らぐラグジュアリーな空間、プロフェッショナルの技術、自分自身を解き放ち、美しさを磨き上げる贅沢なひとときで旅の思い出づくりを堪能できます。《4階 DESTINATION―美を楽しむ―》豊富な知識をもつビューティーカウンセラーによる個室での美容レッスン、美しくなるための方法を丁寧にアドバイスするパーソナルビューティーセッションで美を心ゆくまで学ぶ旅。旅の仕上げに、心と身体にやさしい食とカルチャー体験をお楽しみ頂けます。「A BEAUTIFUL JOURNEY」を記念した特別なメニューもご用意しました。また、1924年創刊『資生堂月報』と、1933年創刊『資生堂グラフ』を前身として1937年11月に創刊され、食文化や海外トレンドなどを感度良く取り上げる「時代の最先端を伝える媒体」を目指して幅広いファン層を抱える資生堂の企業文化誌「花椿」アーカイブや、トークイベントなどもお楽しみ頂けます。※メニューは1Fの展示と連動して更新いたします。《BEAUTY PASSPORT ビューティーパスポート》訪れたお客さまのスマートフォンが、旅を楽しむための「ビューティーパスポート」になります。コンテンツに隠されたアイテムを見つけてスタンプラリーにご参加いただくと、ささやかなギフトを差し上げます。アプリをダウンロードして、さっそく旅のご準備を。《HERITAGE ZONEについて》銀座から、時空を超えて美を巡る旅Chapter Season:1 本物を日常へ-東京・銀座 資生堂のアール・ド・ヴィーブル期間:2022年1月3日~3月15日 ※年間を通じテーマ毎に異なる展示を展開してまいります。美しく豊かな人生を求める人々のために。1872年の創業以来、資生堂はいつの時代もさまざまな形で美との出会いをお届けしてまいりました。製品やプロモーションツール、広告などに込められた、本物を日常に取り入れる生活美学「アール・ド・ヴィーヴル(Art de vivre )」。タイムレスビューティーアベニュー〈ヘリテージゾーン〉SEASON1では、資生堂が提案するアール・ド・ヴィーヴルを、時空を超えてお楽しみください。美を見つめる化粧文化と切り離せない「鏡」は、資生堂の広告モチーフや花椿会(現在の花椿CLUB)の感謝品としても繰り返し登場し、時代の美を映し出してきました。鏡を見つめる所作の美しさ、また、日常に溶け込むアートとしての価値にも注目。鏡をのぞくことから、あなた自身の美を見つける旅が始まります。美を贈る贈りものを美しく演出する包装紙やギフトボックス、日常の中で交わされるポストカードなど。ささやかな小物の中にも、生活美学は息づいています。プロモーション用として作られた絵葉書や、広告媒体としてのマッチ箱には、時代の先端をゆく人の気品と自信にあふれた表情が描かれています。美と出かける毎日手にするもの、身につけるものにこそ、本物の美しさを。そんな美意識を感じさせるヴァニティケースや帯留め、手帳、化粧用具など。花椿会会員のために作られた感謝品の数々にも、銀座らしいエレガンスが宿ります。最先端のおしゃれを楽しむ人たちの、心ときめく外出シーンを彩った品々です。《花椿誌アーカイブ》資生堂は創業150周年を、企業文化誌『花椿』は創刊85周年を迎えます。資生堂が提案する生活美学、アール・ド・ヴィーヴルを伝えるその一翼を担ってきた『花椿』は、美容法を中心に、ファッションや文学、アート、社会的示唆に富むレポートなどを提案。一人ひとりの美しい生活文化の創造に必要と思われる情報の時代性と本質性をとらえて提供してきました。この85年分*の誌面から見えてくる時代の様相と女性像の変遷を、創刊から現代まで、大きく4つのパートに分けてご紹介いたします。*1940~50年は一時休刊展示スペース:4階 SHISEIDO THE TABLES カフェスペース期間テーマ:時代と女性と『花椿』展示期間:2022年1月3日~3月15日《150周年限定BEAUTY PACKAGE ビューティーパッケージ》「SHISEIDO THE STORE」の人気コンテンツを集めたお得な限定プランを豊富なバリエーションでご用意いたしました。販売期間:2022年1月3日~6月30日 数量・期間限定発売※詳細は店頭及び公式WEBサイトにてご確認ください。※※各パッケージお一人さま1回のご利用とさせていただきます。※価格は税込です<名称>ザ・セレクテッド Ⅰ・Ⅱ<概要>150周年の感謝の想いを込めて、SHISEIDO THE STOREのすべてのコンテンツをお楽しみいただけるラグジュアリーなパッケージです。自分へのご褒美やプレゼントにも最適です。自分スタイルで自由にお楽しみいただける150周年限定メニュー。<価格>150,000円<数量>15<販売期間>2022年1月3日~6月30日有効期限:12月末<名称>ヘアメイク・フォトセッション<概要>SHISEIDO THE STOREならではの、ヘアメイク&フォトプランを150周年スペシャルバージョンでご用意しました。かけがえのない最高の瞬間を、SHISEIDO THE STOREオリジナルアルバムにいれてお渡しいたします。<価格>レディース フォトプラン 26,950円メンズ フォトプラン 16,500円<数量>30<販売期間>2022年1月3日~6月30日有効期限:12月末<名称>ザ・ギンザセレクト<概要>ビューティエヴァンジェリストによるテーラーメイドなカウンセリングをご提供します。トライアルやご旅行に便利なジャーニーキットに、ハイブリッドジェルオイル特製サイズとビューティーブーストバーでのアイメイクの体験がセットになった150周年限定プランです。<価格>15,000円<数量>45<販売期間>2022年1月3日~6月30日有効期限:12月末<名称>セルジュ・ルタンス<概要>セルジュ・ルタンス ブランド・アンバサダーが、貴方を表現する香りをコレクションコノワールの中からお選びします。ミニチュアボトルと、SHISEIDO THE TABLES 150周年スぺシャル限定スイーツチケット付き。五感でセルジュ・ルタンスの世界をお楽しみください。<価格>14,300円<数量>60<販売期間>2022年3月21日~6月30日使用期限:12月末※その他にも様々なメニューをご用意しております。(随時販売予定)《BANBUTSU SHISEI LIFE DEW》一滴一滴が、自分らしさになっていく。使うタイミングも使い方も思いのまま。新発想・新感覚のオイル状美容液資生堂150周年記念商品「万物資生 LIFE DEW」。これまで日本発のビューティーカンパニーとして進化し、受け取ってきた信頼に対する感謝を込め、さらに、これからもお客さまのインサイトに寄り添い未来への希望を届けることを約束する商品として、「万物資生 LIFE DEW」を発売します。「至哉坤元(いたれるかなこんげん)万物資生(ばんぶつとりてしょうず)」という、資生堂の社名に通ずる中国の「易経」の言葉から着想を得て、自然と資生堂サイエンスを凝縮したオイル状美容液です。「自分らしい美しさ」を目指すお客さまそれぞれのライフスタイルに合わせ、使うタイミング・使用方法などを規定せず自由な美容体験を提案します。顔・からだ・髪の乾燥が気になる時、つやが欲しい時に自由にご使用いただけます。ふんわり香りながら、オイルがまるで水のようにみずみずしく肌や髪になじんで、うるおいと自然なつやを実感できます。《150周年限定SHISEIDO THE TABLES甘いものメニュー》SHISEIDO THE TABLESでは、素材の味や香りから、季節のうつろいをお楽しみいただけるメニューをご提供しております。資生堂150周年スペシャルイベントでは「A BEAUTIFUL JOURNEY」を記念した特別なメニューをご用意しました。北海道産クリームチーズと生クリームに銀座のはちみつを加え、まったり濃厚に仕上げたチーズケーキ。さらに、みずみずしい洋梨をはちみつでマリネ、キャラウェイやナツメグなどのスパイスでアクセントを加えました。GINZA HONEY DEW銀座はちみつのチーズケーキ 洋梨のハニーマリネ添え紅茶付き1,500円(税込)提供期間:2022年1月4日~3月15日※年間を通じテーマ毎に異なる特別メニューを展開して参ります。《資生堂銀座本店 SHISEIDO THE STORE》資生堂銀座本店「SHISEIDO THE STORE」は、銀座を訪れる国内外のお客さまに対し、資生堂が培ってきた美のソリューションを総合的に提案する唯一の施設です。化粧品販売に留まらず、エステティックやヘアメイクアップなどの美容サービスとフォトスタジオでの撮影サービス、個室での美容レッスン、カフェ機能をもったコミュニティスペース、美容セミナー等のコンテンツを用意しています。それぞれの分野の美容のスペシャリストが、さまざまなライフスタイル、オケージョンに寄り添った美容ソリューションを提案し、一人ひとりの最高の美しさを実現します。■ 店名:SHISEIDO THE STORE■ 所在地:東京都中央区銀座7-8-10■ 電話番号:03-3571-7735(店舗代表)■ 営業時間:11:00~20:00 ※緊急事態宣言中は営業時間を短縮する場合がございます。■ 定休日:不定休■ WEB SITE:https://thestore.shiseido.co.jp/?rt_pr=trk15■ SNS SITE:https://twitter.com/SHISEIDO_sts https://www.instagram.com/shiseidothestore/※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社資生堂 >
  3. 資生堂150周年記念イベント 資生堂銀座本店「SHISEIDO THE STORE」 「A BEAUTIFUL JOURNEY」を開催!
種類
イベント
ビジネスカテゴリ
スキンケア・化粧品・ヘア用品
キーワード

資生堂150周年記念イベント 資生堂銀座本店「SHISEIDO THE STORE」 「A BEAUTIFUL JOURNEY」を開催!

ホット記事

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

無料のメールマガジンに登録平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認iPhoneのSafariを含め各種ウェブブラウザーから、ウェブサイトをPDFとして保存できる。撮影:今村拓馬Webページは突...

続きを読む 続きを読む
Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

富田篤さんが広げる手前のファイルには、保存状態の良い型紙をできるだけ空気に触れさせないよう入れている。デジタル化に備えて、劣化を防ぐためだ=東京都新宿区の富田染工芸で2021年12月10日午前、近藤浩之撮影 ...

続きを読む 続きを読む
ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

アーカイブ配信の利用方法を解説選手のプレーはもちろん、ユニークな解説などでも注目が集まる東京オリンピック。話題になったのに見逃してしまったり、録画していなかったりした場合でも、あとから好きなタイミング...

続きを読む 続きを読む

関連記事