Blog

ヴィーム、企業のクラウド化加速を支援するバックアップソフト「Veeam Backup & Replication v11a」

企業のクラウド化を加速するアップデート

 ヴィームでは、2021年の注力領域を「クラウド」「セキュリティ」「コンテナ」の3つとしている。この方針のもと、継続的なデータ保護、強化されたLinuxレポジトリ、クラウドへのアーカイブなどを実現した「Veeam Backup & Replication v11」が、2021年上半期にリリースされた。

 10月下旬から提供が始まる「v11a」はそのアップデート版となる。Windows Server 2022を含むサポートプラットフォームの拡大と、データの場所に関係なくデータを確実に保護するための幅広い機能を提供する。

 企業がクラウドを活用することを支援するアップデートとしては、新しいAmazon EFSファイルシステム、新しいAzure SQLデータベースのネイティブバックアップとリカバリ機能を拡張。また、ポリシーベースの自動化により、管理の容易化に加えてスクリプトを不要とすることで、高速かつ柔軟なリカバリによる24時間365日の運用を可能とした。

 クラウド下のセキュリティと制御の向上としては、暗号化されたバックアップデータをランサムウェアやそのほかのサイバー脅威から保護するために、新しいAmazon KMSおよび新しいAzure Key Vaultとの統合と、ロールベースアクセス制御(RBAC)により、誰が何にアクセスできるかを合理的に制御し、セキュリティを向上させる。

 コスト削減に向けては、低コストのアーカイブストレージであるAmazon S3 Glacier、S3 Glacier Deep Archive、Azure Blob Archive、Google Cloud Archiveのストレージを新たにサポートし、コストを最大1/50に削減するとした。

 このほか、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、および新しいGoogle Cloud Platform(GCP)のバックアップとリカバリを、使いやすい単一のコンソールで一元化する。すべてのVeeamバックアップをAWS、Azure、GCPに直接リストアし、無制限のクラウドモビリティを実現するとしている。

クラウド化を加速する機能強化

 また今回のバージョンアップでは、複数のプラットフォームにまたがるワークロードの保護を新たにサポートし、より多くのOSやハイパーバイザーのサポートを実現している。まずは、Kubernetesバックアップとリカバリを強化し、買収したKastenのK10とVeeam Backup & Replication v11aのリポジトリをターゲットにできるロケーションプロファイルを追加した。

ヴィーム、企業のクラウド化加速を支援するバックアップソフト「Veeam Backup & Replication v11a」

 「KastenはVeeamとは異なる生い立ちで開発されたソフトウェアであり、一気に統合することは難しいことから、段階を経て統合していくことを考えている」(スピテリ氏)。

 ハイパーバイザーでは、Red Hat Virtualization上のワークロードの保護を可能とした。さらに、Windows AIXとSolarisのサポートとして、Microsoft ServerとクライアントOSの最新バージョンの採用。新しいプラットフォームの機能強化とサポート性を備えた継続的データ保護(CDP)の搭載により、ダウンタイムを排除し、Tier 1でのVMwareワークロードのデータ損失を最小限に抑えられる機能も加わっている。

サポートされるプラットフォームの拡張

ホット記事

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

無料のメールマガジンに登録平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認iPhoneのSafariを含め各種ウェブブラウザーから、ウェブサイトをPDFとして保存できる。撮影:今村拓馬Webページは突...

続きを読む 続きを読む
Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

富田篤さんが広げる手前のファイルには、保存状態の良い型紙をできるだけ空気に触れさせないよう入れている。デジタル化に備えて、劣化を防ぐためだ=東京都新宿区の富田染工芸で2021年12月10日午前、近藤浩之撮影 ...

続きを読む 続きを読む
ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

アーカイブ配信の利用方法を解説選手のプレーはもちろん、ユニークな解説などでも注目が集まる東京オリンピック。話題になったのに見逃してしまったり、録画していなかったりした場合でも、あとから好きなタイミング...

続きを読む 続きを読む

関連記事