Blog

ハイレゾ・3Dオーディオ再生アプリ「ωプレーヤー」とは!? WOWOW配信実験を試す

ハイレゾ・3Dオーディオ再生の「ωプレーヤー」とは

ωプレーヤーの存在を知ったのは、InterBEE 2021の特別公演をした際のこと。

12月17日までアーカイブ配信されているセッション「イマーシブオーディオの現状と将来動向」の中で、WOWOW エグゼクティブ・クリエイターの入交英雄氏がωプレーヤーを開発中であることを紹介。セミナーの収録後、入交氏に声を掛けられ、ωプレーヤーのデモを見せてもらった。

セッションの様子(配信URL:https://www.inter-bee.com/ja/forvisitors/conference/session/?conference_id=1763)ωプレーヤーを紹介する入交氏

デモビデオは入交氏のMacBook Proの内蔵スピーカーを使ったものだったのだが、普通の音とは明らかに異なり、音が立体的に飛び出してくる用に聴こえた。

聞けば、この効果は「Auro Scene」という技術で、ステレオスピーカーでありながら3D再生できるというもの。Auro Sceneテクノロジーをωプレーヤーに実装することで、MacBook Proの内蔵スピーカーで立体的な表現を生み出しているのだという。

ωプレーヤーは開発の都合もあり、現時点ではMac版とiPhone版の2種類が用意される。Mac版の対応OSはMojave以降で、従来のIntel版はもちろんM1 Macでも利用可能。iPhone版はiOS 14以降が対象となる。Mac版とiPhone版では機能に違いがあり、具体的には表1の通り。またMac版、iPhone版それぞれの導入条件は表2のようになっている。

Mac版とiPhone版の違いアプリの導入条件

今回はMac版アプリを事前提供いただいたので、それを使ってその内容を紹介していくが、ωプレーヤーのベータテスターに参加すれば、Mac版・iPhone版の両方を入手できるという。

ハイレゾ・3Dオーディオ再生アプリ「ωプレーヤー」とは!? WOWOW配信実験を試す

今回の取り組みについて、入交氏は「以前からオンラインで高音質にイマーシブオーディオの配信ができないか、ということを検討していました。配信用としてはドルビーデジタルプラスなどはありましたが、音質面にはボトルネックがあり、いいコーデックを探していたのです。そうした中、Auro 3Dであればロスレスでいけるけど、いかんせんファイルサイズがでかい。そこでMPEG-4 ALS(MPEG-4 Audio Lossless Coding)などと掛け合わせる方式を3年前に考案し、開発を進めてきました。この度ようやくアプリとして完成し、実際にサービスとして成り立つものか、ユーザーを募って実験をしよう、というわけなのです」と話す。

WOWOW エグゼクティブ・クリエイターの入交英雄氏

ホット記事

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

無料のメールマガジンに登録平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認iPhoneのSafariを含め各種ウェブブラウザーから、ウェブサイトをPDFとして保存できる。撮影:今村拓馬Webページは突...

続きを読む 続きを読む
Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

富田篤さんが広げる手前のファイルには、保存状態の良い型紙をできるだけ空気に触れさせないよう入れている。デジタル化に備えて、劣化を防ぐためだ=東京都新宿区の富田染工芸で2021年12月10日午前、近藤浩之撮影 ...

続きを読む 続きを読む
ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

アーカイブ配信の利用方法を解説選手のプレーはもちろん、ユニークな解説などでも注目が集まる東京オリンピック。話題になったのに見逃してしまったり、録画していなかったりした場合でも、あとから好きなタイミング...

続きを読む 続きを読む

関連記事