Blog

iOS 13の新機能 - 地味に便利になった「Safari」使いこなし

iOS 13の「Safari」は、外観的に大きなアップデートはないように見えますが、実は地味にいろいろな新機能が追加されています。ヘビーに使う人ほど日々の使い勝手が向上するかもしれません。Safariの新機能をご紹介します。

使いそうなWebページを提案する「スタートページ」

新しいタブを開いたときの「スタートページ」には、「お気に入り」「よく閲覧するサイト」のほか「Siriからの提案」が加わりました。ここには閲覧履歴や他の人からメッセージで受信したリンク、他のデバイスで開いているページなどが含まれます。ユーザーがSafariを開いた際、"使う可能性がありそうなページ"が提案されるというわけです。

表示形式のカスタマイズをメニューから手早く設定

リーダー表示や文字の拡大・縮小など表示のカスタマイズ機能は以前からありましたが、メニューが整備されより手早く使える形になりました。

Webサイトごとに表示設定を固定する方法

常にリーダー表示で読むサイトや、PC表示で使いたいサイトがある場合は「Webサイトの設定」でサイトごとに設定を固定することができます。

また、プライバシー設定もWebサイトごとにカスタマイズが可能です。頻繁に利用するサイトで安全がわかっている場合は「許可」にしておくと、訪問する度にポップアップが表示される面倒を省けます。

WebページをPDFやWebアーカイブに変換してシェア

Webページを送信・保存したい場合に使う「シェア」機能には、PDFやWebアーカイブ形式(※)を選択できるオプションが追加されました。

※Webアーカイブ形式は、ページを構成するHTMLや画像などをパッケージにしたものです。Safariで開きます。

長いページを上から下まで1枚でキャプチャして保存

上記の方法でPDFにした場合、自動的にページが区切られ複数ページのファイルになります。上から下までを1枚に収めたい場合には「マークアップ」が便利です。書き込みもできるので、Webサイトの校正チェックなどに最適です。

開いているタブの中から見たいタブを瞬時に探し出す

Safariの検索窓(アドレスバー)は、通常のWeb検索だけでなく「ブックマークと履歴」やページ内の文字列も検索することができます。さらに、新しく「タブに切り替え」が加わりました。ただし、サイト名やページタイトルではなくURLで候補を探すので、ドメイン名を把握していないと使えません。

ダウンロードマネージャ

iOS 13の新機能 - 地味に便利になった「Safari」使いこなし

Webページで配布されている資料・素材、ファイル転送サービスで送られてきたファイルを、簡単にダウンロード・保存できるようになりました。履歴は「ダウンロードマネージャ」で一括管理、保存先はiCloudドライブなので、他のデバイスでもシームレスに使用できます。

なお、「ファイル」アプリはZIP形式の圧縮・解凍に対応しました。ZIP形式をダウンロードした場合はタップするだけで解凍できます。

ホット記事

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

iPhoneやパソコンでWebサイトをPDFで保存する方法 | Business Insider Japan

無料のメールマガジンに登録平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認iPhoneのSafariを含め各種ウェブブラウザーから、ウェブサイトをPDFとして保存できる。撮影:今村拓馬Webページは突...

続きを読む 続きを読む
Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

Yahoo!ニュース 伝統の「小紋染め」紋様をデジタル化へ 消滅危機、老舗社長の挑戦

富田篤さんが広げる手前のファイルには、保存状態の良い型紙をできるだけ空気に触れさせないよう入れている。デジタル化に備えて、劣化を防ぐためだ=東京都新宿区の富田染工芸で2021年12月10日午前、近藤浩之撮影 ...

続きを読む 続きを読む
ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

ニュース 録画忘れでも大丈夫!オリンピックの名場面をスマホであとから見る方法

アーカイブ配信の利用方法を解説選手のプレーはもちろん、ユニークな解説などでも注目が集まる東京オリンピック。話題になったのに見逃してしまったり、録画していなかったりした場合でも、あとから好きなタイミング...

続きを読む 続きを読む

関連記事